Genius Green

全くの初心者から立ち上げ、稼ぐブログを作るための備忘録をまとめています

サイト流入を増やすなら必須のプラグイン「All In One SEO Pack」の設定方法

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All In One SEO Pack

 

サイトを作成したら、もっと多くの人に見てもらいたいと思うのは至極当然のことです。私も日々PV(ページビュー)を増やすことを考えて情報収集しています。やっぱりPVを増やさないことには、モチベーションも上がりづらいですよね。

サイトのPV数を増やすには、まずサイトへの流入を増やす必要があります。サイトの流入経路には色々ありますが、大きなところでは「検索エンジン」と「ソーシャルメディア」。この2つはやはりユーザがサイトに触れる一番の可能性じゃないでしょうか。

WordPressでサイトを作成したら、とにかくまず最初に導入するべきプラグインがあります。それは「All In One SEO Pack」。

このプラグインは、「検索エンジン」や「ソーシャルメディア」などの流入経路に対して、サイトに入り込みやすい設定をもろもろよろしくやってくれます。逆にこれがなければ、どのように設定したらいいのかわからないレベルです。

今回は、必須プラグイン「All In One SEO Pack」の導入と設定方法についてご紹介します。

 

All In One SEO Pack とは

Googleなどの検索エンジンで調べものをするときには、必ず見るものがありますよね。それはサイトの「タイトル」と「抜粋文」です。

検索エンジン

魅力的なタイトルであればクリックしてみたくなりますし、抜粋文でなんとなくどんなことが書いてあるかが分かれば、自分のほしい情報かどうかがわかって、サイトにマッチした人が訪れてくれます。

また、今後はTwitterなどの場合、こんな画面を見たことはないでしょうか。

ツイッター

なにやら、数文字つぶやくだけのはずのTwitterで画像とかサイトの内容とか、色々表示されています。もしTwitterでこのような記事を見かけたら、自分のほしい情報であればクリックして中身を読んで見たくなりますよね。

「検索エンジン」や「ソーシャルメディア」には、ユーザの興味を引く色々な工夫が実はあります。初心者には何から手を付けるべきかといったところですが、これらを設定してくれるのが、「All In One SEO Pack」というプラグインです。

このプラグインを導入すれば、検索エンジンやソーシャルメディアでクリックがされやすくなり、サイトへの流入とPVアップが期待できます。

 

All In One SEO Packの設定方法

All In One SEO Packはサイトの流入を増やしてPVを増やすという目的があれば、必ず導入しておくべきプラグインです。それでは、導入方法について見ていきましょう。

プラグインのインストール

プラグインの新規追加から、「All In One SEO Pack」と検索して、インストールします。

SEOPackインストール

インストールをしたら、忘れずに「有効化」しておきましょう。

基本設定

プラグインを有効化したら、まずは基本的な設定をします。Googleなどの検索エンジンにヒットした時に、タイトルなどをどのように表示するか、サイト自体の検索キーワードを何にするか、など、重要な設定事項です。

SEOPack設定画面1

サイドバーに「All in One SEO」という項目が追加されていますので、そこにカーソルを合わせ、「General Settings」という項目をクリックすると、上記のような画面が表示されます。

こちらが基本設定を行う画面です。それでは設定方法を見ていきましょう。

SEOPack設定画面2

こちらの設定項目は、サイトのトップ、つまりホームのページが検索にヒットした時に、表示する項目を設定するものです。各項目は、それぞれ以下のとおり。

  • ホームタイトル:検索結果に表示するタイトルです。基本的にはサイトに設定したサイト名になると思います。
  • ホーム詳細:検索結果の抜粋文に表示される内容です。読まれやすいようなサイトの説明文を記載しましょう。
  • ホームキーワード:ホームがどんなキーワードで検索されるべきか、キーワード設定を行います。
  • Use Static Front Page Instead:ホームを別の固定ページで設定する場合ですが、利用停止のままでよいです。

SEOPack設定画面3

この項目は、作成したそれぞれの記事が検索された時のタイトルの表示方法を設定するものです。基本的にはデフォルトで問題ないですが、デフォルトでは記事作成の時に設定したタイトルの後ろに、サイト名が付くようになっています。

ここで言うサイト名は、上で設定したものではなく、Wordpressの一般設定で登録したものが表示されます。記事タイトルを長く書きたい人はサイト名があるともっと長くなってしまう、もしくは途中で切れてしまうので、その場合は変更した方が良さそうです。

SEOPack設定画面4

こちらの項目はGoogleとの連携設定ですが、一番最後の「GoogleアナリティクスID」だけ設定しましょう。

GoogleアナリティクスのトラッキングIDを取得している場合は、ここに登録しておくと自動的に各記事に挿入してくれるので、ヘッダーファイルなどに直接コードを挿入する必要がなくなります。変更も楽々なので、ちょっと便利。

SEOPack設定画面5

こちらの項目はGoogleなどの検索エンジンにカテゴリーページやタグページをインデックスさせるかどうかという設定。こちらは上記のように、設定しましょう。

カテゴリーページの「noindex」のチェックを外しています。これは必ず行ってください。カテゴリーページには多くの場合、そのカテゴリーの内容に合った記事のタイトルやリンクが並べられています。

SEO的に言えば、記事一つ一つの力が強くなれば、それを束ねたカテゴリーページの力も強くなります。カテゴリーのキーワードは多くの場合ビッグキーワード(検索されやすい一般的なワード)が設定されていることが多く、各記事を束ねた力によってカテゴリーページがビッグキーワードの検索上位に表示されたりする可能性があります。

あくまで可能性で、全てはコンテンツの質次第ですが。

これで基本的な設定は完了です。

ソーシャルメタ設定

次に、ソーシャルメタ設定を行います。この設定は、先に紹介したようなTwitterやFacebookで紹介されたときの表示や振る舞いについて設定するもので、ソーシャルメディアでの拡散を狙う場合には必ず設定しておいた方がいい項目です。

SEOPack設定画面6

サイドバーの「All in One SEO」から、今度は「Feature Manager」を選択すると、上のような画面になります。

その中から「Social Meta」という項目をクリックして、アクティブにしましょう。

すると、サイドバーに「Social Meta」という設定項目が現れるので、そちらをクリックすると、ソーシャルメタ設定画面が表示されます。それぞれの項目についてご説明します。

SEOPack設定画面7

「Home Page Settings」はサイトのホームがTwitterなどのソーシャルメディアで紹介された場合に、表示する内容の設定を行います。

サイト名やHome Imageについて設定しておきましょう。一個目のチェックはGeneral Settingsで設定したタイトルや説明文を利用するかどうかの選択です。

「Image Settings」は記事がソーシャルメディアで紹介された時に表示する画像イメージのことで、ここはアイキャッチ画像を設定しておきましょう。

SEOPack設定画面8

この項目では、FacebookとWordpressを連携させる設定を行います。

基本的な設定は、表示のとおりでOK。ただし、もしFacebookページをすでに持っている場合には、「Profile Admins ID」という項目も設定しておこう。こちらについては、下記の記事を参考にしてください。

FacebookのOGP設定で使うProfile Admins IDを簡単に確認する方法

SEOPack設定画面9

続いて、Twitterの設定です。Twitterの設定も、基本的にはこちらでOK。もしTwitterのアカウントを持っている場合には、下記2点についても設定しておきましょう。

  • Twitter Site:@で始まるTwitterID
  • Twitter Domain:自分のTwitterプロフィールのサイトURL(http://は不要)

その他設定

その他、All In One SEO Packには「XML Sitemaps」という設定があります。サイトの構造をGoogleなどの検索エンジンにわかりやすく通知するための機能で、検索にヒットさせるためには必須の設定です。

ただし、私は別のプラグイン「Google XML Sitemaps」というものを使っています。Sitemapの設定については、こちらでご説明します。(準備中)

 

以上でWordpress導入初期に行っておくべき、基本的な設定は終わりです。

 

参考サイト

私がサイトを作成した際には、下記サイトを参考にさせていただきました。

いつもお世話になっています、バズ部さん。設定項目の説明だけでなく、なぜこの設定にするかという思慮がとても深く、参考にさせていただいております。

事細かに、網羅的に説明いただいているサイト。とてもわかりやすく説明されていて、疑問点はこちらで解消できそうです。

 

まとめ

私は、このプラグインもサイト運営初期に発見して、すぐに導入しました。

なかなか効果が見えづらく、始めは何のことを言っているのかさっぱりなところがありますが、サイトを運営している端々でこのプラグインのありがたさを感じています。初心者はとにかく、何もわからずとも言われたとおりに設定すべし、です。

この細やかな設定が、後々のPVに大きく影響してきます。ちょっと面倒かもしれないですが、最初のがんばりどころです。

この備忘録が、誰かのお役に立てれば幸いです。

 - Wordpress