Genius Green

全くの初心者から立ち上げ、稼ぐブログを作るための備忘録をまとめています

【初期導入必須プラグイン】リンク切れをチェックする「Broken Link Checker」の導入方法

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リンク切れ

 

記事を作成する際、必要に応じて外部リンクを設定することがあると思います。

参考になったサイトや記事のURLを張り付けて、ちゃんとリンク先に飛ぶかも確認して、いざ更新!とした後、ちゃんとそのリンクが生きているかどうか、確認していますか?

多くの検索エンジンでは、リンク切れがあるページを「しばらくメンテナンスされていないサイト」として評価を落とすことがあります。ただそんなこと言われても、数百ページある記事からリンク切れを逐一確認するなんて、手動では絶対無理、ですよね。

そこで導入必須となるのが、「Broken Link Checker」というプラグイン。全ページのリンクをチェックして、リンク切れがあった場合にはダッシュボードやメールで自動通知してくれるという完全おまかせツールです。

WordPressの初期導入として必須のプラグイン「Broken Link Checker」の導入方法についてご紹介します。

 

「Broken Link Checker」の導入方法

導入のメリット

「Broken Link Checker」はWordpressサイトの全ページのリンク切れを自動通知してくれるプラグインです。通知の方法はダッシュボードに表示してくれる方法と、併せてWordpressに登録しているメールアドレス宛てにメールで通知してくれる方法があります。

導入さえしておけば、外部サイトのリンク切れがメールで自動通知されるので、自分でわざわざチェックする必要はありません。

また、そのリンク切れURLへのリンクが複数あった場合、一括して無効にすることもできます。そのあたり、非常に神がかっています。

「Broken Link Checker」導入のメリットは、下記のとおり。

  • リンク切れを自分で確認する必要がなくなる
  • リンク切れが起きた場合、すぐに通知してくれる
  • リンク切れリンクへの対処を一括して行うことができる
  • リンク切れを起こさなくなり、サイト評価を落とすことがなくなる

導入方法

WordPressの「プラグイン」の項目から「新規追加」を選択して、「Broken Link Checker」で検索してください。

BLCインストール

「今すぐインストール」をクリックし、インストールが完了したら忘れずに有効化しましょう。

BLC設定画面トップ

サイドバーの設定の項目に「Broken Link Checker」が追加されているので、そちらを選択すると、上のような設定画面が開きます。基本的にはデフォルトの設定で、特にいじる必要は全く問題ありません。

ダッシュボードを確認してみると「Broken Link Checker」の項目が追加されています。

BLCダッシュボード(リンクエラー)

お?リンクエラーだ。ということで、リンク切れを発見すると「リンクエラーを発見しました」という形で通知をしてくれます。併せてメールが登録されているメールアドレスに飛び、そこからもリンク切れを確認することができます。

サイドバー(リンクエラーをチェック)

サイドバーの「ツール」に新たに「リンクエラーをチェック」という項目が追加されました。ここで、現在貼られているリンクの確認や、リンク切れが起きたリンクに対する処理を選択することができます。

リンクエラーチェック

「リンクエラーをチェック」をクリックすると、こんな感じの画面になります。リンクエラーがなければ問題ありません。

これで一通りの確認は終了です。

 

まとめ

WordPressの運用を始めたばかりだと、リンク切れの管理になんてそもそも考えが及ばないかと思います。もちろん、私もそうでした。

ただ、リンク切れを放置するとGoogleなどの検索エンジンから低評価を食らってしまうと聞いて、すぐさまこのプラグインを導入しました。運よくリンク切れも発見することができて、プラグインのありがたみを実感しています。

間違いなく初期に導入しておくべき必須プラグインです。まだ入れていないという方は、記事の内容に従って導入してみましょう。

 - Wordpress