Genius Green

全くの初心者から立ち上げ、稼ぐブログを作るための備忘録をまとめています

WordPress初期設定 投稿のカテゴリーの作成方法

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

WordPressをインストールした直後は、投稿に設定するカテゴリーが「未分類」しか作成されていません。

カテゴリーは、投稿の分類分けを簡単にして、ユーザの利便性向上や管理者自身の投稿の整理などにも役に立つ機能です。自分のブログのテーマに基づいて、投稿にどんなカテゴリーを設定していくかを決めたら、カテゴリーを実際に作成していきましょう。

WordPress初期設定、カテゴリーの作成方法についてご紹介します。

 

カテゴリーの作成方法

カテゴリーの作成は至って簡単です。あらかじめどんなカテゴリーにするか決めたら、それに従って作成していきましょう。

カテゴリの編集1

WordPressのサイドバーから「投稿」にカーソルを合わせると、サブメニューが表示されます。そこから上から3番目に「カテゴリー」のメニューがありますので、そちらをクリックします。

カテゴリの編集2

こちらがカテゴリーの初期設定画面です。まだ「未分類」の項目しか表示されていません。

この「未分類」カテゴリーですが、カテゴリーが設定されていない投稿にデフォルトで付くものになっています。もしあらかじめ決めたカテゴリーの中で使用頻度が高いもの、デフォルトで設定していいものがあれば、「未分類」カテゴリーを編集して作成してみてください。

入力の項目については下記のとおり。

名前:

カテゴリーに設定する名前です。実際にページに表示される名前になるので、メモ的に記載するのではなく、見られることを意識して決めましょう。

スラッグ:

パーマリンク設定に%category%を設定した場合は、こちらのスラッグの内容がURLとして表示されます。カテゴリーの名前を英語訳して、アルファベットで設定するのがベターです。

親:

関連する子カテゴリーを作成する場合、その親カテゴリーを指定します。関連するカテゴリーを考えた場合は、親子にしておいた方が利便性は高くなります。

説明:

自分が分かるための説明文です。特にページに表示されることはないので、自分で分かるレベルで記載しましょう。もちろんブランクでも大丈夫です。(私はほとんどブランクです)

一通り入力したら、作成ボタンを押しましょう。それで一つカテゴリー作成が完了です。あとはそれを繰り返して、あらかじめ考えていたカテゴリーをどんどん作っていきましょう。

カテゴリの編集3

大体の作成が完了すると、こんな感じ。右側に作成したカテゴリーの一覧が表示されます。「カウント」はそのカテゴリーがいくつの投稿に設定されているかを示しています。特定のカテゴリーにカウントが偏っていたら、他のカテゴリーにも記事を追加してみてください。

これでカテゴリーの作成が完了です。

まとめ

カテゴリーの作成は、意外と大事なWordpressの初期設定です。もちろん後から変更もできますが、記事数が増えてからカテゴリーを設定し直すのはなかなか骨が折れる作業です。

自分のブログのテーマを決めたら、どんな記事を投稿していこうか、カテゴリーをあらかじめ考えておきましょう。そうすれば、カテゴリーの作成は迷わずできるはずです。

私も、目を引くようなカテゴリー設定を日々勉強中です。

 - Wordpress