Genius Green

全くの初心者から立ち上げ、稼ぐブログを作るための備忘録をまとめています

時間コスト段違い!おしゃれな画像を簡単にブログに添付できる「Pixabay Images」の導入方法

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像選び

 

ブログを作成してみて、意外とめんどくさいのが、画像選び。

アイキャッチ画像が必要なのもわかる。記事中に画像を挿入した方がいいこともわかる。でも、如何せんめんどくさい。。

まず記事に合う画像を探してきて、著作権の有り無しを確認して、まず自分のPCにダウンロードして、Wordpressのあるサーバにアップロードして、記事に張り付けて・・・なんてしてたら、時間がいくらあっても足りません。

私も正直、ブログを始めた当初はそんな感じでしたが、いや絶対あるはずだと。便利な画像挿入用のプラグインがあるはずだと。そう信じて探してみたら、ありました。

その名も「Pixabay Images」。プラグインを導入するだけで、すぐにおしゃれな画像が検索、添付できる優れもの。これのおかげで、記事を作成する時間コストがかなり削減されました。

今回は、この「Pixabay Images」というプラグインの導入方法についてご紹介します。初心者の方は、まず始めにインストールしておいて間違いのないプラグインです。

 

「Pixabay Images」の導入方法

「Pixabay Images」とは、著作権フリーの画像を扱っている画像ダウンロードサイト「Pixabay」の画像を、記事作成画面から簡単に記事挿入ができるプラグインです。

29万以上の画像数を誇る超便利サイト。著作権フリーだから、どんな貼り方をしても問題なく、画像を加工しても大丈夫。

画像は「クリエイティブ・コモンズ(CC)」という国際的非営利団体によって管理されている正真正銘なもので、その中でも著作権期限切れや著作権放棄された画像をパブリック・ドメイン(PD)もしくはクリエイティブ・コモンズゼロ(CC0)と呼び、無償提供しているのだそう。

そんな有難い無償画像を扱える「Pixabay Images」の導入方法についてご紹介します。

導入方法

WordPressの新規プラグインから、「Pixaby Images」で検索して、インストールします。

Pixabayインストール

有効化すると、設定メニューに「Pixabay Images」が追加されているので、そちらを確認してみましょう。

Pixabay設定画面

設定項目は以下のとおりです。

  • Language:表示言語(検索言語ではなく)
  • Images Per Page:検索画面1ページに表示する画像数
  • Image Types:検索結果に表示される画像タイプ(Photos:写真、Cliparts:イラスト)
  • Orientation:画像の向き(Hozizontal:横長、Vertical:縦長)
  • Attribution:著作者情報を表示するか
  • Button:投稿画面にアイコンを表示するか

基本的に、設定は初期のままで全く問題ありません。しいて言うならば、「Attribution」の「Insert image credits」のチェックを外しておきましょう。

これがチェックされていると、著作者情報として、画像キャプションに不要なリンクと文言が表示されてしまうので、それをいちいち削除するのが面倒になってしまいます。

以上で、導入は完了です。

投稿画面での画像挿入方法

続いて、実際に投稿画面で画像を挿入する方法をご説明します。

Pixabay投稿画面

「Pixabay Images」を導入すると、上記イメージのように投稿画面に「Pixabay」というアイコンが出現します。こちらをクリックして、画像挿入を進めていきます。

Pixabay投稿画面ポップアップ

アイコンをクリックすると、上のようなポップアップが表示されます。

検索フォームと画像検索結果が表示されるシンプルな作りです。検索フォームに探したいキーワードを入力すると、検索結果を表示してくれ、カーソルを合わせると上記のようにクローズアップされます。

検索キーワードは日本語でもOKです。ただし、漢字ではなく読みで認識しているようで、要は「雨」と「飴」の区別がなかったり、「コーラ」と「甲羅」の区別がなかったりするので、ピンポイントで調べたい場合には、英語でキーワードを調べた方が良さそうですね。

画像にカーソルを合わせてクローズアップすると、「640×426」のように画像サイズが表示されます。こちらをクリックすると、下記のような詳細画面に移ります。

Pixabay投稿画面ポップアップ2

こちらが詳細画面です。設定画面で「Attribution」のチェックを外していないと、「キャプション」のようにリンクが表示されてしまいます。画像は著作権フリーですので、こちらの内容は削除しておきましょう。(今回は説明用に表示したままです)

画像を張り付ける上での、配置やサイズを指定することができます。「代替テキスト」とは要は”alt”の要素のことで、SEO的にはきちんと設定しておくことが推奨されています。(検索エンジンは、画像の内容をこの”alt”の要素で判断しています。)

「Pixabay Images」の便利なところは、ここでアイキャッチ画像も登録できるところ。多くはブログのトップに表示した画像をアイキャッチにも利用すると思いますので、ここで一緒にアイキャッチ画像も設定しておきます。

「アイキャッチ画像として使用」をクリックすると、自動でアイキャッチ画像にこの画像を設定してくれます。

最後に「投稿に挿入」をクリックすれば、挿入完了です。

Pixabay投稿画面2

このように、投稿本文とアイキャッチ画像に設定が完了しました。

画像の下に著作者情報が表示されていますが、詳細画面の「キャプション」の内容をそのままにしているとこのように表示されます。いらないですよね。削除しましょう。

画像のサイズや配置などを修正したい場合には、もう普通の画像を扱うのと変わりませんので、カーソルを合わせて編集画面を開いて、調整しましょう。

以上で投稿への挿入方法のご紹介は終了です。

まとめ

記事に挿入する画像を選んだり、添付したりする作業は思いのほか手間がかかるもの。この作業を簡略化することで、コンテンツの中身の質を高めるために時間を有効活用することができます。

「Pixabay」は画像量が豊富で、本当におしゃれ。個人的にはFlickrよりも画質が良くてとても好きです。これだけで、ユーザがあなたのブログに持つ印象がきっと格段に良くなるはずです。

私はPixabayのサイトを知る方が早かったのですが、プラグインも見つけられて本当に良かったと思っています。Wordpress導入初期に必須のプラグインです。ぜひお試しください。

 

 - Wordpress